未経験から正社員を目指す
20代のための研修型就活サービス

今すぐ申し込む

転職したい未経験の女性必見!女性に嬉しい制度が充実している企業6選

uzuz_shutterstock_399932956
LINE@でお友達登録していただいた方には「就活バイブル」をプレゼント
2016年12月14日

女性が転職を考える歳、「結婚や出産、育児などライフスタイルの変化があっても働き続けることができる職場か」ということは重要なポイントになってきます。

そこで今回は、女性社員をサポートする体制が確立している企業をいくつかご紹介したいと思います。企業は女性に対してどのような視点で福利厚生を充実させているのでしょうか。早速見ていきましょう。

30歳まで内定を保有できるユニ・チャーム株式会社

uzuz_shutterstock_229067932

さまざまなヘルスケア商品を展開しているユニ・チャーム株式会社は、事業内容にフェミニンケア商品の開発も含まれていることから、女性の意見を取り入れた製品を作り続けています。多くの女性社員に支えられている大企業のひとつです。

そんな女性に支えられている企業だからこそ、2015年の新卒採用枠から、新しく「Fresh-Mom Recruitment」とう制度を導入しました。これは、入社試験に合格した女性が対象ですが、晩婚化や高齢出産などの社会状況も踏まえて、妊娠や出産の予定がある女性に対して、30歳になる前日まで内定の資格を付与するというものです。

自己申告制になりますが、「キャリアを積んでから結婚」という概念を外し、新しい女性の生き方として提案した制度といえます。時間的な余裕ができれば、その間に視野を広げることもできますし、妊娠や出産そして育児という大事なライフステージを経験して職場に入ることで、新しい視点を仕事として生かせることにつながるのではないでしょうか。

参考:ユニ・チャーム株式会社

出産した女性に嬉しい育児給付金を支給:クルーズ株式会社

uzuz_shutterstock_326382599

インターネットコンテンツなどを提供しているクルーズ株式会社の魅力は、何と言っても、他社にはないユニークな制度が目白押しという点です。日頃の感謝の気持ちを小さなメダルとしてや支給する制度や、半期に1度決定される「社長賞」は、形として残るため、仕事をする上で大きなモチベーションにつながります。

そして、子どもを持つママには嬉しい「ママサポ」という制度は、子どもが満4歳になるまで、年に1度の誕生日に30万円を支給するというもの。その合計は4年間で120万円にものぼります。何かとお金がかかる乳幼児期ですが、復職のサポートや子育て支援として、現金が支給されるというのはとても魅力的な制度といえるのではないでしょうか。

子どもの数が多ければ多いほど、支給される金額も人数分に増えます。日本の将来を担う子どもたちを育てつつ、女性のワークライフバランスを安定させる福利厚生といえます。

参考:クルーズ株式会社

こども休暇制度:株式会社マクロミル

uzuz_shutterstock_141244966

マーケティング業界大手の、株式会社マクロミルは、小学校就学前の子どもを養育する社員に対して、こども休暇を取得できる制度があります。発熱や感染症など子どもが多いと家族内で感染してしまい、どうしても会社を休まざるを得ません。有給を使い果たしてしまい、欠勤になってしまうという女性も少なくないものです。

しかし、このこども休暇制度では1年間で10日取得できる上、勤続3年を一区切りとし、最長10日間続けて有給を取得することができる、長期の休暇制度も充実しているのです。仕事とプライベートが両立できてこそはじめて、仕事にポジティブな状態で取り組むことができるので、休暇の充実という点に着目して企業を選ぶことも重要ですよ。

参考:株式会社マクロミル

e-ワークス制度で、時間を自主管理できる日本アイ・ビー・エム株式会社

uzuz_shutterstock_347650931

日本アイ・ビー・エム株式会社は、状況に応じて自宅で勤務ができるe-ワークスという制度があります。1999年に育児をしながら働く女性社員の声により制度化されました。会社のネットワークに接続しているので、家庭の都合や、体調不良の時には午前は自宅、午後は会社など選択することが可能。

ワークライフバランスを実現するものとして、女性社員はもちろん、男性社員も積極的にこの精度を活用し、定着しているようです。午前中に子どもを病院に連れていきたい時や、急な発熱で保育園にお迎えに行かざるを得ず、自宅に戻って一段落したらパソコで作業ができるなど、枠にとらわれない働き方は魅力的といえるのではないでしょうか。

在宅勤務や、就業する場所が選べるというのは、時間をうまく活用しながら効率的に仕事を進めることができる制度なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

参考:日本アイ・ビー・エム株式会社

ドリンク飲み放題、リラクゼーションも充実している、株式会社ギャプライズ

uzuz_shutterstock_252338884

オフィス内は一年を通して乾燥するので、水分補給は大事な体調管理のひとつです。企業によっては、ミネラルウォータや給茶機など設置している所もありますが、のどを潤す程度で、実際はペットボトルを毎日購入している人も少なくありません。

株式会社ギャプライズは、カフェコーナーではバリスタで入れた本格的なコーヒーが飲め、4種類のドリンクも飲み放題!週1回開放しているリラグゼーションルームでは、マッサージやストレッチなどを受けることもできるのです。

お茶代も1年で考えると相当な出費ですよね。お金をかけず、気分転換においしいコーヒーが飲めたり、値段を気にすることなくドリンクが飲めるので、浮いたお金で自分へのご褒美を購入することもできるのではないでしょうか。

参考:株式会社ギャプライズ

女性に嬉しい制度がパッケージ化:株式会社サイバーエージェント

uzuz_shutterstock_464833793

女性は、結婚や妊娠、出産や育児の他、生理前の体調不良や、妊娠を望む妊活など、人生の節目にはさまざまな悩みと向き合わなければいけません。その全てを網羅し、女性が働き続けられる仕組みを一つの制度として確立したのが、株式会社サイバーエージェントの「macalon(マカロン)パッケージ」です。

これは、月に1回体調不良の際に取得できるエフ(Female:女性)休や、妊活休暇に、妊活コンシェルなど、あらゆる女性に対応した制度がパッケージ化されています。子どもが発熱した時に在宅で勤務できるキッズ在宅や、平日の学校行事に参加できるキッズデイ休暇など、ママや女性にとって嬉しい制度は今後多くの企業でも取り入れていくのかもしれませんね。

参考:株式会社サイバーエージェント

まとめ

いかがでしたか。各種給付金やお祝い金の支給の他、在宅勤務や休暇制度の充実など、いろいろな視点で女性をサポートしたいという企業の想いが伝わってくるのではないでしょうか。

あなたが今後大事にしていきたいことをイメージしながら、優先順位を作り、上記の福利厚生も選択肢のひとつに入れて考えてみてくださいね。転職活動が成功に結びつくように応援しています!

正社員になるならウズウズカレッジへ!!
yuyumi
Professor
yuyumi