未経験から正社員を目指す
20代のための研修型就活サービス

今すぐ申し込む

人生何が起こるかわからない!バイト未経験からまさかのエレクトロニクスエンジニアへ

yk_01
LINE@でお友達登録していただいた方には「就活バイブル」をプレゼント
2017年10月17日
内定者プロフィール
お名前:Y.Kさん
年齢:22歳
部活や勉強が忙しかったこともあり、バイト経験が一切なく「働く」こと自体が未経験。ハキハキと快活に話せる方。

大学で生命医科学という専門的な分野に進まれていますが、教職を志していたともお伺いしています。この学科を選んだ理由はなんでしょうか。

大学進学時、もともとは地元の教育大学に進学しようかなと思っていました。
中3のときの進路面談で、先生に理科にかかわる仕事がしたいと相談したら「教員がいいんじゃないか」と言われたのがきっかけです。

でも高校から始めた弓道で、高3の夏頃に推薦入試の話が持ち上がりまして。
その中で「教職が取れる学部学科を…」という理由で進学先を決めました。
ぶっちゃけ「あ、受験しなくてもいいんだ、ラッキーだな」っていう気持ちもありましたね。

でも、話が出てから2週間程度で推薦を受けるかどうか決めなくてはならず、あんまり考える余裕がなかったというのもあります。
正直推薦入試を受けると決めてからも、試験までの間何度も「教育大学を選ばなくて良かったのか」と悩みました。

教職の道を最終的に諦めた理由は何でしょうか?

4年生のときに教員採用試験を受けて落ちてしまいました。
そのときは「来年再チャレンジをしよう」と考えていたんですけど、その後いろいろ考えまして。

先生って、かなり長い間身近で見てきている職業じゃないですか。
だからそれなりにイメージを持っているわけですけど、その「“子ども時代のイメージ”のまま、先生という職業を捉えていたなあ」と思ったんです。
「そんな中途半端な状態のまま先生を目指していいのだろうか?」と悩み、考えた結果、2度目の受験を止めました。
他の選択肢を検討してみようと思ったんです。

教員採用試験に落ちたあと、卒業まで就活はされなかったのですか?

そうですね。
在学中は卒業後にもう1度教員採用試験を受けるつもりでいましたし、弓道部の活動や卒業研究が忙しかったので特に活動はしていませんでした。
ですが今考えると学生という肩書きに甘えて、卒業した後の現実が見えていなかった部分もあるかと思います。

ご両親から何か言われたり、友達を見て焦ったりすることはありませんでしたか?

学生時代はひとり暮らしでしたし、親からは特に何も言われていませんでしたね。
もともと放任主義なので「留年はするな」くらいしか言われなかったです。

友達は内定をもらっている人もいましたが、特にそれを見て焦ることもなかったですね。
他人は他人、自分は自分と思っているので、比べて気にするようなことはなかったです。

yk_02

「生命医科学」という専門分野を活かした企業への就職は考えましたか?

いえ、考えませんでした。
そもそも同じ「理科」という括りの中でも、僕が学んでいた「生命医科学」は、化学の要素をはらんでいるんですね。
それが僕の好きな分野とは違っていまして。
「これが学びたい!」という欲求で進学を決めていなかったこともあって、あまり学業には乗り気になれませんでした。
だからこの分野での就職も考えていなかったです。

アルバイト経験が一切ないということですが、「働く」ということに対して不安やイメージなどはありますか?

単純に社会に出ていない立場から「社会人って嫌だなあ」みたいな漠然とした気持ちはありましたが、不安は特に感じたことがないです。

確かにアルバイトはしていませんが、自分が経験してきた部活動は練習も上下関係もかなり厳しかったので、そうした面で鍛えられたと思っています。
むしろ部活とは違いお金がもらえるので、それだけで乗り越えられるだろうっていう気持ちが大きいです(笑)

yk_03

ウズウズカレッジを知ったきっかけ、入ろうと思った理由は何でしょうか。

3月に大学を卒業した後、6月頭ギリギリまで、教員採用試験を受けるかどうか悩んでいました。
受けないと決断したあと、既卒の就職サポートをネットで検索したのがUZUZを見つけたきっかけです。
ほかにもいろいろなエージェントがありましたが、「UZUZはひとりに対しての相談時間をしっかりとってくれるところだ」というクチコミをネットで見たため、話を聞いてみようと思いました。

キャリアカウンセラーの方の話を聞き、ひとりではなく同じ境遇の人たちと就活が行えるウズウズカレッジに入ってみようと決断しました。
ウズウズカレッジはインフラエンジニアを目指す人向けのサポートですが、入校当初そうした職種へのこだわりは一切持っていませんでしたね。

ウズウズカレッジに対して「ここがいい」「ここが足りない」など感じていることはありますか? また、カウンセラーからのアドバイスなどで印象深かったことはありますか?

スタッフさん、キャリアカウンセラーの方たちが親身だと感じましたね。
面接対策もしっかりしてくださったので、とてもありがたかったです。

カウンセラーの方から言われたことで嬉しかったのは、これまで歩んできた経歴を「すごい!」と言っていただいたことです。
負い目や引け目を感じているわけではないのですが、やっぱりアルバイトの経験はないですし、弓道も将来に役に立つとは思えなくて、経歴に自信はなかったんです。
ですのでポジティブな評価をいただけたのはとても励みになりました。

足りないところは特にないのですが、強いて言うとそうですね…講義室の椅子が固いです(笑)
結構腰にくるので、もう少し柔らかいとありがたいです。

ウズウズカレッジでの就職活動を振り返ってみていかがですか?

3社採用試験を受けて、最初の1社からいただいた内定をお受けしました。

これがおもしろくて、インフラエンジニアの採用枠で面接に臨みましたが、試験の結果から「メカトロニクスエンジニア」への打診を受けたんです。
名前すら初めて聞いたので「どんな仕事なの?」っていうところから入りました。
この仕事は車や家電、果ては航空機やロケットまで、幅広い分野の機械設計に携わるエンジニアなんです。
インフラエンジニアに比べて、ガチガチの理系分野のエンジニアなんですよ。

これも大学の推薦のように、打診から3日間くらいで受けるかどうかを決めなければいけませんでした。
考えた結果、いろんな分野の設計に関われることが楽しそうだなあということと、企業の方が「こっちが向いているんじゃない?」と見てくださったことにお応えしたいなという思いで、お受けすることにしました。

正直社会人経験もないので、何に向いているのか、業務上自分にどんな強みがあるのか分かっていない部分もあります。
でもその道のプロから「向いているんじゃない?」と言っていただけたことは嬉しかったですし、「まずはなんでもやってみよう!」と思っています。

さらに、筆記試験の結果を開示してくださったんですね。
そうしたら、見るからにインフラエンジニアよりもメカトロニクスエンジニアの方が向いているだろうというくらい、試験項目間の点差のバランスがすごくて。
それも決め手のひとつになりましたね。

yk_04

これから、どんな風に成長していきたいですか?

インフラエンジニアを目指して勉強してきて、想像もしていなかったメカトロニクスエンジニアという仕事に就くことになりました。
この仕事は研修後数年おきにいろんな分野の設計に携わっていき、その中で「これ!」というものが見つかったらそこのスペシャリストを目指すというような内容です。

そのため、まずは視野を広く多角的にいろんなものを知り、知識を蓄えていきたいと思っています。

実は僕「これ!」というもの以外に対しては飽き性なんです。
弓道が7年続いたのが奇跡だっていうくらい。
下手をすると1日で飽きちゃうようなこともあるので、まずいろいろな分野を経験できることは向いているのではないかと思っています。

ウズウズカレッジに入ってみようか迷っている人に一言お願いします。

とりあえず迷う暇があるならまずは行動してみましょう。
やってみて向かなかったら、そのときにやめればいいと思います。

僕が実際にそうでしたが、人生って何が起きるかわかりません。
でも、それも行動を起こしてみないと何も起きないんですよね。

行動をしていたら想像もしていなかったことに巡り合えるかもしれませんよ!

UZUZの就活サポートをご利用ください!

UZUZでは既卒・第二新卒の方だけでなく、大学を中退された方の就業サポートも行っています。
求職者一人ひとりの長所や短所、希望をじっくりヒアリングしたオーダーメード型のカウンセリングが当社の特徴です。

就業環境に問題のあるいわゆる「ブラック企業」を排除した企業紹介を行っているので、安心して選考に参加できます。
内定率は83%!入社後のフォローもしっかりしているため、高い定着率を誇ります。

当社のサービスが少しでも気になった方はまずは下記からお問い合わせください。

既卒・第二新卒に特化した就活サポートを実施!20時間以上の徹底面談ならUZUZの「ウズキャリ」

エンジニアや営業として就業を検討されている方は、ぜひ「ウズウズカレッジ」もご利用ください。技術のみならず、ビジネスマナーなど社会人としての基礎知識も学べます。受講は完全無料です!

20代のための次世代型就活サポート「ウズウズカレッジ」

LINE@でお友達登録していただいた方には「就活バイブル」をプレゼント
ウズウズカレッジ運営スタッフ
Professor
ウズウズカレッジ運営スタッフ