未経験から正社員を目指す
20代のための研修型就活サービス

今すぐ申し込む

未経験者必見!UZUZカレッジ現役講師によるIT業界講座〜IT業界ってどんな業界?【Part1】〜

shutterstock_432831586
2016年11月16日

『IT業界』と聞くと、どんな印象を持つでしょうか?ウズウズカレッジに参加してくださった皆さんに質問をすると、「難しい」「残業が多い」「資格が取れる」「休みが取れない」「最新って感じ」「将来性がある」など回答は様々です。ご友人がSEをやっている、親がエンジニアで…という方も多く、それぞれお持ちになる印象は異なります。

未経験からIT業界への就職をする際には①ミスマッチが怖い ②自分が本当に出来るのか不安 ③その仕事の具体的な内容を知らないなど、幾つかの壁がありますよね。その壁を越えていくためには改めてその業界理解、仕事理解が必要になります。その為に、ウズウズカレッジITエンジニアコースでは、IT業界講座と称して、未経験の方にもその業界を理解して頂けるような講座をご用意しています。

今回から何記事かにわたって、ウズウズカレッジで実際に行っている講座の一部をご紹介していきます。第1回目のテーマは「IT業界ってどんな業界なの?」についてです。早速みていきましょう!

IT業界にはどんなイメージがありますか?

shutterstock_375618211
そもそも、皆さん「IT」という言葉の意味をご存知ですか?「IT」は「Internet Technology」ではありません。「Information Technology」、つまり情報技術です。ITはもちろん、インターネットなどの通信技術の恩恵を受けて現在大きく発展しているわけですが、そんなに皆さんの生活と遠く離れたものではありません。今や、日常生活の一部に存在すると言えるものです。

例えば、今皆さんがご覧になっているこの記事はWebサイトに閲覧されているものですね?私がこの記事をWebサイト上で記載し、保存することで皆さんが自由にアクセスしてご覧になれるようになっています。そして、このコンテンツは弊社UZUZのサーバー(データ保管庫)に保存されているので、いつでもご覧頂くことが可能です。

そして、皆さんは少しでもITやエンジニアという仕事に興味を抱いて下さいました。なので、Googleで「エンジニア 仕事」や「IT 業界」などと検索してくださったのではないでしょうか?その結果、Webサイトの中で有用と判断されたこの記事に目がいった…という流れではないでしょうか。

つまり、日々日常何気なく利用している手段そのものがITに密接に関わっているのです。ですので、ITという業界の仕事は皆さんの遠く離れた世界に存在するものでは決してありません。冒頭でITは「難しい」という話をしましたが、それは中身を知らないだけの、食わず嫌いな状態と言えます。中身を知ってしまえば、そこまで遠い世界ではないのです。では、なぜそんなに難しいものと感じてしまうのか。その理由を解説しましょう。

「IT業界=難しい」と感じてしまうのはどうして?

shutterstock_373556938
私個人の話で恐縮ですが、私は前職で開発のプログラマーとして勤務していました。いわゆるSEですね。前職はERPという企業の基幹事業を支える業務パッケージを作成している会社でした。java言語を駆使し、企業の要望に応えるべく、日々プログラミングを行う毎日。業務改善や緊急対応に対処し忙しく日々を過ごしていました。人事システムや給与システム、労務管理といった社内で巻き起こる様々な悩みを解決する優れたERPを開発するために、PDCAを回し、新たなシステム設計を行っていました。

このように、少しでも理解に苦しむ言葉が羅列されると、拒否反応を起こしてしまう方もいるではないでしょうか?「なんとなく分かるけど、イマイチよく分からない」これが、IT業界の厚い壁です。なんだかよく分からない仕事と捉えられてしまうことが多いのがこの業界なのです。

ただ、この開発言語というものは英語と同じように捉えることができます。初めはわからないけど、覚えれば話せるのです。例えば、「i have a pen.」の意味を知らない人はきっといないでしょう。これは英語という言語を知ったからこそわかるのです。

ITの世界もこれと同じことが起きているのです。「学べばわかるけど、学ばないと分からない」という至極当然な世界です。ただ、こつこつと言語を学ぶことで「専門性」が磨かれ、行く行くは社会で生き残れるスキルに昇華されるのです。この講座では、例えば、Java言語がどのようなものなのか、SEはどのように仕事をするのか、ERPってなに?という皆さんの質問に回答していきます。

知らずして拒むことと、理解した上で違う道を選ぶことは就職活動においてだけではなく、大きな役に立つことだと思います。それに、ウズウズカレッジではなにより「わかりやすく」を心がけています。難しい言葉は無くし、皆さんの理解を促します。それは、「i have an apple.」を理解出来ることと同じくらいです。はじめるか否かが鍵。専門性を身に付けたくはありませんか?

「文系だからIT業界は難しい」はもう古い!

shutterstock_381098806
「僕は文系出身なので、ITはちょっと…」「これまでとは全く異なる世界なのでイメージが湧かない」といったケースも数多く見てきました。実際、文系からITという領域は少し荷が重く感じるかもしれません。ただ、ご心配無く。現在のIT業界は一般的には文系・理系といった学部学科の壁がなくなっていることが多いです。今の市場動向や、採用手法の変化、教育体制の充実など、様々な要因はありますが、今は文理問はず就職するチャンスがあります。

全て、スタートするか否かです。実際に働くイメージが湧かない方のためにウズウズカレッジITエンジニアコースは存在します。未経験から知識を付けることがどれだけのものなのかを理解して頂くべく、CCNA講座をご用意しています。また、就業直結型という形でビジネスマナー講座や、Excel講座など、入社後にも役立つスキルを身につけて頂けるようなカリキュラムになっています。一人ではなかなか出来ない集合型という研修体制により、仲間とともに就職し、仲間とともに学ぶという癖を付けて頂きます。

さて、次回はIT業界講座【Part2】という形でより深くIT業界に関してご説明致します。ご質問等あればいつでもUZUZカレッジまで!

Professor
Takahiro Takimizu