未経験から正社員を目指す
20代のための研修型就活サービス

今すぐ申し込む

正社員未経験者集まれ!既卒・フリーター・第二新卒向け「ウズウズカレッジ営業コース」って何?

shutterstock_275810027
LINE@でお友達登録していただいた方には「就活バイブル」をプレゼント
2016年11月15日

この度弊社UZUZにて、集合型研修の『UZUZカレッジ』というサービスがスタートしました。すでに多くの方から好評をいただいており、2016年10月29日の日経新聞の1面にも掲載していただきました。本当にありがたい限りです!

そこで、UZUZカレッジ営業コースをもっとたくさんの人に知ってもらうために、今回から記事を書いていくことにしました。執筆者はUZUZカレッジ営業コースで講師を務める私長澤が担当しますので、どうぞお付合いください。まず第一回目の今日は「UZUZカレッジ営業コースのご紹介」です。「営業コースって…何?」と疑問に思っている方は是非読んでみてくださいね。

UZUZカレッジ営業コースを始めた経緯

shutterstock_427333528
「営業職ってどんな職業?」と聞かれたら、皆さんはどんな仕事をイメージしますか?「モノやサービスを提案してを売る職種」と考える方が多いと思います。しかし、「その中身や詳細など分からない…」という方もまた多いのではないでしょうか。そうですよね。やったことがない仕事だとイメージがしにくく、不安に思ってしまう人もいますよね。

でも大丈夫!安心してください。

  • 未経験からでも営業職を目指したい
  • 営業職、やってみたいけどどのようにすれば良いか分からない
  • 営業職について知りたい・学びたい
  • 就業してからもできる営業マンとしてスタートダッシュを切りたい
  • 自分が営業に向いているかどうか分からないので、営業というものを疑似体験してみたい

上記のような「営業に興味はあるけど一歩踏み出せない方」が気軽に参加できるようUZUZカレッジ営業コースは作られました。

UZUZカレッジ営業コースが目指していること

shutterstock_256521271
営業コースでは、内定を獲得することだけを目的とはしておりません。内定が目的になってしまうと、ミスマッチが生まれてしまう場合もありますからね。目標としているのは、候補者が入社後に活躍することです。

実際に営業職に就業した時のギャップを少なくし、候補者が長期就業においてパフォーマンスをあげ(成果を出し)そして、仕事に対する本人の満足度も高くなることを目的としています。

営業コースの構成要素

shutterstock_261247157
先ほど、「内定を獲得することだけが目的ではない」と書きました。あくまでも長期就業において、候補者がキャリアを築いていくことを支援するのが営業コースの目的です。そのため営業コースは下記のコンセプトをベースとして構成されています。

  • 1.ナレッジ-knowledge-(知識)
  • 2.スキル-skill-(技術)
  • 3.マインド-mind-(意識)、エクスペリエンス-experience-(経験)

以下で1つずつご説明しますね。

1.ナレッジ-knowledge-(知識)

大学での学部学科の勉強が実務においてそこまで役に立たないように(理系などは別として)、知識そのものはあまり重要ではないかもしれません。しかし、その知識をどのように使うか、営業トークの中で活用していくのか、その知恵を身に付けて頂きます。そのため、基本的に座学だけで終わらず、最後には候補者自身にプレゼンをして頂くような流れとなっております。

具体的に、現在営業コースでは「営業講座」「3C分析」「職務分析」「ロジカルシンキング講座」などの講座があります。そもそも営業と言っても商材も営業スタイルも種類があり、それぞれ求める営業マンの像が違ってきます。また、ビジネスマンとして押さえておくべき業界知識などの習得を目指します。その他、候補者の選考企業に応じて、WEBマーケティング講座なども開催します。

2.スキル-skill-(技術)

講座で身に付けた知識を実際にいかす場面が面接です。面接を受ける前に「面接対策」を行い、自分の習熟度を確かめていけるような対策が設定されています。

私もそうなのですが、座学で「なるほど」と分かったつもりになっても、「じゃあ言ってみて」と言われるとしどろもどろになってしまうんですよね。座学で身につけた知識をしっかりアウトプットできるようサポートを行っていきます。

3.マインド-mind-(意識)、エクスペリエンス-experience-(経験)

経験者に比べ、若手で経験が少ないのは正直仕方がありません。その代わり、「自分は営業をやりたい、売れる様になりたい」というマインドは必要です。また口で言っているだけでは相手(例えば面接官)を納得させることができません。相手が納得する材料として一番強いのは「実際に経験した」という事実です。例えば、「ライターになりたい!」と言って自分でメディアを立ち上げて毎日10本の記事を執筆している方と、口で言っているだけの方、もしあなたが面接官ならどちらを採用しますか?言わずもがな前者の方ですよね。

このように、面接官に対して説得力のある話をするため、自分に自信をつけるため、皆さんには実際に「テレアポ」を行って行きます。実際に営業活動の経験を積めば、現実的な話をすることができますよね。目標の立て方やトークの仕方など、初めての方でもしっかり取り組めるようカリキュラムを組んでいますので、安心して研修に参加してください。

UZUZカレッジ営業コースに参加して欲しい人

shutterstock_350880479
私達は、こんな方に営業コースに来てもらいたいと考えています。

  • 営業に関して全くの未経験で自信がない方
  • 前職も営業だったが、自社の営業しか知らないので、他の営業スタイルについても比較検討してから転職したい方
  • そもそも営業がどんな仕事で自分が向いているか分からないので一度体験してみたい方
  • テレアポしてみたい方

他にも、「良くわからないけどちょっと体験してみたいな…」という方もお気軽にご参加ください。

新しいコミュニティに入る時は不安はつきまとうものですが、「とりあえず、やってみようかな」と行動に移せるフットワークの軽さは若者の特権かと思います。キャリアは人から与えられるものでも、生まれつきの家庭環境や向き不向きで決定しているものでもありません。ただ、経験や知識、スキルはやはり武器になります。しかし一度仕事を得る機会を失ってしまうと、知識は身につけられても、やはり経験や実務スキルは中々手に入れられないのが現状です。

しかし、営業コースでは現場感覚に近い状態で知識や経験を得ることができます。営業コースで自分のキャリアを磨く武器を身に付けませんか?

最後は掲載して頂いた日経新聞の記事の言葉で締め括りたいと思います。

ピンチをチャンスに変える。労働力は不断の鍛え直しがあってこそ輝く。

引用元:日本経済新聞(2016年10月29日)

営業コースにて、「鍛え直し」しませんか?皆さんのご登録をお待ちしています!

LINE@でお友達登録していただいた方には「就活バイブル」をプレゼント
Professor
Saki Nagasawa