未経験から正社員を目指す
20代のための研修型就活サービス

今すぐ申し込む

正社員&営業未経験の既卒・フリーター・第二新卒向け!デキる営業には『Webマーケティング』の力が必要だった!?

shutterstock_516640567
LINE@でお友達登録していただいた方には「就活バイブル」をプレゼント
2017年01月05日

営業コースの紹介記事も第3回を迎えました。

第1回目の記事はこちら→未経験者集まれ!既卒・フリーター・第二新卒向け「UZUZカレッジ営業コース」って何?
第2回目の記事はこちら→営業未経験の既卒・フリーター・第二新卒向け!営業職の種類は?どんな仕事内容なの?

今回も営業コースで行っている講座の内容を少しだけご紹介します。今回は『WEBマーケティング講座』です。「え、それって営業とは関係なくない?」そう思う方もいらっしゃると思うのですが、そんなことはありません。実は関係大アリです。ではそれは一体なぜなのでしょうか?まずはそこから説明して参りますね!

営業未経験必見。経営の参謀、WEBマーケティング

uzuz_shutterstock_277863239

さて、「なぜ営業コースでWEBマーケティング講座を行うのか」をお話します。それは、どんな商材を扱うにしても、法人営業の場合、「経営の話」「組織の話」「お金の話」「集客の話」をある程度話せる必要があり、その集客という領域にWEBマーケティングが大きく関わっているためです。

法人営業において、組織の話やお金の話ができた方が良い、というのは何となく分かりますよね?いわゆる「ヒト・モノ・カネ」の話です。

広告の提案営業、会計システムの提案営業、どんな提案営業をするにしても、対応する会社が「どのような組織の状態で」「どんな経営をしていて」「どんな戦略を考えていて」「どんな財務状況で」「どんなビジネスで(どんなお金の稼ぎ方をしていて)」「現状、何が課題なのか?」をヒアリングしていく必要があります。顧客の課題をヒアリングするためには、経営の話などできる必要ありますよね。

そして、「集客」の話もまた、法人営業の際にある程度話せる必要があります。「集客」というのは、その名の通り「お客さんを集める」という意味であり、そのビジネスが儲かる生命線です。お金を払ってくれるのはお客さんですからね。WEBマーケティングは集客に大きく貢献する存在であり、経営の中で非常に重要な役割を果たしています。WEBマーケティングはいわば経営の参謀、ビジネスにおいて最強の黒子なのです。

経営におけるWEBマーケティングの重要性

uzuz_shutterstock_403558222

なぜWEBマーケティングが経営の参謀ポジションなのか、もう少し詳細を説明しますね。そもそもマーケティングとはなんでしょうか?それは「見込み顧客の開拓」です。ここでまた、ビジネスとして、売上が立つまで流れというものをシンプルに考えてみましょう。「商品を開発する」⇒「営業が売りにいく」これだけですね。そのため、サービスや製品を開発する技術者や営業マンは企業にとってはなくてはならない存在です。

さて先ほど、「最強の黒子」という単語を出しました。例えば「営業職」は職場の中でも売上を上げる最前線、いわば花形的ポジションなのですが、その営業職にスポットライトを当てて輝かせているのはWEBマーケティングなのです。

それがどういうことかというと、例えば弊社の求人で買い取り事業を行っている会社があります。仮にA社としましょう。A社の事業は分かりやすく「買い取り」です。モノを買って、それを売って、その差額で利益を出している会社です。A社でバイヤーと呼ばれている営業マンは「モノを売りたい」という顧客に対して「弊社ならあなたにこんなメリットのある買い取りができますよ!」と営業をかけていくのが仕事です。

この「顧客」を探してきて営業マンにパスするのがWEBマーケティングなんです。

A社の場合はどうやって顧客を見つけているかというと、基本的にWEBでの集客ですね。WEB上にページを作って、SEO対策などを行います。(SEOとは、「Search Engine Optimization」の略でして、「検索エンジン最適化」という意味です。 検索エンジンで特定のキーワードで検索した際に、上位に表示されるための施策のことです。あるキーワードを検索してみてトップページにあるWEBサイトをみなさんも閲覧しますよね)

いかに顧客からの問い合わせやお申し込みを増やすか、そのような一連の施策を行ってくれるのがWEBマーケティングです。A社の場合で言うと、WEBマーケティングがなかったら営業マンは個別で家々を一軒一軒回って見込み顧客を作らなければいけません。もしくは、チラシを配って集客するなどですね。

他の例を見てみましょう。例えば弁護士事務所や公認会計士事務所です。一生懸命他の人が遊んでいる間も、寝る間も惜しんで勉強して、司法資格を得ました、事務所を開きました、さあ開業だ!となったとします。しかし事務所は閑古鳥…顧客がいなかったら勉強に投資した約1000万の回収すらできません。そこで、顧客を探すのですが、前述の通りただ待っているだけでは非常に効率が悪いため、問い合わせがじゃんじゃんきてくれる状態を目指します。

例えばその弁護士さんが「離婚調停問題なら絶対誰にも負けない!」と強みがあるとします。だから離婚関係で悩んでいて、弁護士を探している顧客を獲得したい、その際にやることと言えば…そうです、パソコンで「離婚 相談 弁護士」と検索をかけたとき、検索結果の1番上にヒットするよう事務所のHPを設定するのです。それもまたSEO対策ですね!WEBマーケティング手法の一つです。

営業未経験者向け!既卒・フリーター・第二新卒向け「UZUZカレッジ営業コース」の講座ご案内まとめ

shutterstock_445574743

会社が利益をあげるために必要なのは顧客です。顧客を集めるにはWEBマーケティングは非常に重要なのです。極端なことを言うと、見込み顧客の呼び込みが上手くいけば、どんなに提案力のない営業マンでも売れるんです。だって目の前にニーズを抱えている顧客がいるのですから。(まあ、これは極論ですが…)

経営者は利益を出すために、集客に関して非常に頭を悩ませております。経営におけるWEBマーケティングの重要性、また顧客と良い話ができる営業マンになるために、WEBマーケティングについて話ができることの必要性が理解できたでしょうか?

ここは顧客にとって頼れる営業マンになるためにWEBマーケティングがなんたるかを知っておくのは決して損ではないでしょう!!実際にもっと色々知りたい!という方は是非、営業コースへ!

LINE@でお友達登録していただいた方には「就活バイブル」をプレゼント
Professor
Saki Nagasawa